内臓機能アップのシークエンス

内臓機能アップのシークエンス

二つのシークエンスで内臓に全体的に刺激を与え、消化・吸収・排泄の機能を活性化する。
骨盤の向きに注意。

 

【シークエンス1】体上部の内臓を活性化

 

【はじめに】

  1. 骨盤がまっすぐ正面を向いている状態から始め、おへそを通ったセンターラインを意識して行うことで、体のゆがみも改善される。

 

 

【立位釣り針のポーズ】
大胸筋を引き上げ、胃や肝臓を活性化する

  1. 足を肩幅の2倍くらいに開き、つま先を平行にする。
  2. 親指側(足の内側)でしっかり踏み、内転筋群を意識しながら、両腕を肩の高さまで上げる。
  3. 背骨を上に伸ばし、軽くおなかを引き締め、指先が遠くを通るようにして状態を右側に倒す。
  4. 腕は胸の中心から上げ、脇を気持ちよく伸ばす。
  5. 10呼吸キープし、反対側も同様に行う。立位で3〜5呼吸休む。

 

 

【三角のポーズ】
ウエストからねじり、胃や肝臓、横行結腸をしぼる

  1. 立位釣り針のポーズと同様に、つま先を平行にして立つ。
  2. 息を吐きながら左手を右足の前の床に付き、胸を後ろに向けるように上体をねじる。
  3. 右手の指先を見つめて、10呼吸キープ。
  4. 反対側も同様に行い、立位で3〜5呼吸休む。

 

 

【ウディヤナバンダ】
胃腸や子宮などを持ち上げてマッサージする

  1. 足を肩幅に開いて立つ。
  2. 両膝に手をついて前屈みになり、ゆっくりと息を吐く。
  3. 息を吐ききったらおなかをへこませ、背骨に押し付けるようなつもりで胸の方に引き上げる。
  4. 息を止めて、5〜10秒キープし、苦しくなったらおなかをゆるめて息を吸う。
  5. 3〜5回繰り返してから、立位で3〜5呼吸休む。

 

 

【シークエンス2】内蔵全体を引き上げて血行促進

 

【弓のポーズ】
内臓を引き上げながら床に押し付け、マッサージ効果を高める

  1. うつ伏せになる。重心は、あごと恥骨を結ぶセンターラインに乗せる。
  2. 息を吐きながら右手で右足先をつかみ、息を吸いながら足先を引き上げる。視線を上に向け、10呼吸キープ。
  3. 息を吐きながら手と足を戻し、顔を左右どちらかに向けて、3〜5呼吸休む。反対側も同様に行う。
  4. 次に、息を吐きながら、両手で両足をつかむ。息を吸いながら体を反らせ、両足先が頭より高くなるように上げる。
  5. 重心がみぞおちに移動し、骨盤と恥骨が床から浮くように。
  6. 10呼吸キープし、先程と同様に3〜5呼吸休む。

 

 

【ヒップリフト】
上下の運動で内臓に新しい血液を送り込む

  1. 仰向けになり、両膝を腰幅に立てる。背中全体と手のひらを床にしっかりつける。
  2. 息を吸いながら、足の親指側を意識して腰を持ち上げる。
  3. 両腕は床につけ、おなかを突き出すようにする。
  4. お尻を締め、足の親指側を意識してしっかり床を踏み、10呼吸キープ。
  5. 背骨の上の方から順番にゆっくり床に下ろし、仰向けで3呼吸休む。
  6. これを4回繰り返す。

 

 

【赤ちゃんのポーズ】
内臓を縮め、腰の筋肉を伸ばす

  1. 仰向けになり、両膝を立てる。
  2. 大きく息を吸い込んで、息を吐きながら両手で両膝を抱え、10呼吸キープ。
  3. 仰向けになり、3呼吸休む。
  4. これを2回繰り返す。

 

 

片鼻呼吸法で自律神経を整えよう!

【片鼻呼吸法】
脳をリラックスさせるためには、片鼻呼吸法も有効。
いつでも好きな時にやってみよう。
自律神経のバランスも整うので、快適な睡眠も得られる。

 

  1. 右手の親指、人差し指、中指を立てる。
  2. 人差し指を眉間にあて、親指で右の小鼻を抑える。
  3. 左の鼻から息を吐いて吸う。
  4. 中指で左の小鼻を抑え、4カウント息を止める。
  5. 親指を離し、右の鼻から息を吐いて吸う。
  6. 親指で右の小鼻を押さえ、4カウント息を止める。
  7. これを5分間繰り返す。